治験コーディネーターになるのに年齢制限はある?

治験コーディネーターへの転職で年齢がネックになる事は?

薬剤師の新しい選択肢として近年知名度の高まっている治験コーディネーター。 転職先として視野に入れる方も少なくはないでしょう。 また、「あまり詳しくはないけれど、何となくカッコいい」 と憧れる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
長野県薬剤師会

[治験コーディネーター][CRC]の収入は、そのキャリアや能力が影響するため 自身の価値を高め就職・転職を有利にする事がポイントとなってきます。 キャリアを伸ばすには必然的に時間が必要ですよね。 そこで気になってくるのが、“[治験コーディネーター]の年齢制限”なのではないでしょうか?

キャリア云々以前にもしも年齢に限りがあるのだとすれば、 そもそも目指す事自体が不毛なのかもしれません。 これは[治験コーディネーター]に限らず、 全ての転職希望者が気にしているポイントと言っても良いでしょう。
パート薬剤師の悩み、職場における人間関係…

じつは、[治験コーディネーター]という職業自体に年齢制限は存在しません。 何歳であったとしても、目指すこと事態は可能なのです。ところが、 「年齢制限は全くないので、気にせず求職活動をスタートしましょう!」 …とは言い辛い部分があるのも確かです。

というのも、[治験コーディネーター][CRC]として就職する場合、そのほとんどが 製薬会社や医療関連企業などへの転職となり、各々の会社が設ける年齢基準が存在しているという事です。

つまり、ここで一概に「○○才以下であればOK!」と案内できるものではありません。 求人情報を見る段階で、自身が採用基準をクリアしているかどうかをチェックする必要があるでしょう。 とはいえ、皆さんご存知の通り近年医療機関では慢性的な人手不足が叫ばれています。

また[治験コーディネーター]の需要も高まっている状態ですので、キャリアや能力次第では 例え高齢であったとしても、そのせいで不採用となってしまう事はあまりないとも言われています。 年齢に不安がある場合であったとしても、自身の能力や知識をうまくアピールし、チャンスをつかみましょう。

薬剤師の仕事を探す際に

薬剤師としての仕事を探すために、薬剤師専門の人材紹介会社を活用する人は少なくありません。人材紹介会社に登録すると専門のコンサルタントが付きますので、担当のコンサルタントが利用者が就職するまでサポートを行ってくれるわけです。

コンサルタントは就職転職のプロフェッショナルとなりますので、打ち合わせ時に利用者が自分で気付けなかったスキルも見つけだしてくれます。今までの職種や利用者のスキルに沿った求人案件も提供してくれるため、利用者側がその多さに心が揺れてしまうことも少なくないでしょう。

こうなってしまうとコンサルタントお勧めの選択肢に進み、無事仕事に就いてから、「本当にこの仕事がしたかったのかな」そう思ってしまう可能性も低くありません。上記のようにならないためには、一体どのようにすればいいのでしょうか。

まずは薬剤師としてどのような仕事に就きたいのか、自分の希望をはっきりと把握することです。どんな職場でどのように勤務しているか、なるべく細かく理想を考えてみて下さい。

理想を思い描けたら、その理想に近付くための条件を具体的にピックアップし、ノートに書いていきましょう。それが自分の希望をはっきりと把握する、ということになります。この希望条件をベースに、職場を探していきましょう。

ただし、だからといって、自分の希望条件にピッタリとマッチする会社はなかなか見つけることはできません。逆に希望条件に余りにもしがみついてしまうと、求人案件を見つけることさえ難しいです。

大切なことは、妥協点を決めておくこと。自分の希望条件から離れるとしても、どの程度までなら大丈夫、ということを把握する事が大切なのです。先ほど書き出した理想の条件が、なぜ理想と感じたのか、そのことについてもノートにまとめてみて下さい。妥協する際の指針になってくれます。

ここまでできたら次は、「理想である希望条件」と「妥協の範囲」を、薬剤師専門の人材紹介会社の担当コンサルタントに伝えます。この二つを持って打ち合わせをしていくことで、利用者が受け入れられる求人案内を提供してくれるでしょう。

薬剤師の転職サイトは複数登録がオススメ

薬剤師に特化した転職支援サイトは、いまや薬剤師の転職活動に欠かすことのできない存在となりました。大勢の薬剤師の方々が、転職サイトを通して新しい人生の新たなスタートを切っています。

もしもこれから転職を・・・、とお考えなのであれば、まずは第一歩として薬剤師の転職支援サイトへ登録をすることをお勧めします。

また、薬剤師の転職サイトを活用した転職活動を行う薬剤師の方々は、いくつか(2つ~3つ)のサイトを併用していることが多いようです。なぜ、複数のサイトへ登録・利用しているのでしょうか?

理由は二つあります。まず一つ目は、情報や知識の偏りを防ぐためです。転職支援サイトでは、登録後に本人専属のキャリアコンサルタントがつくようになります。

このコンサルタントは、求人情報の収集や応募、書類作成や面接に関するアドバイスなどを行い、薬剤師の転職を様々なアングルからサポートしてくれるのです。

このコンサルタントはしばしば、病院や企業の内部事情に精通しているケースがあるのですが、このような情報はそのコンサルタントごとに深い・浅いがあるのです。より多くのコンサルタントによる意見を集め、正確な情報を得るためにも、転職サイトはいくつかを併用したほうが賢いというわけですね。

また、二つ目の理由は、同じ会社や病院による求人情報でも、掲載している転職支援サイトによって条件が異なるケースがあるということです。これは決して珍しい事ではありません。より良い条件を選択するには、一つのサイトに絞るのはもったいないかもしれない、ということなのです。

とはいえ、5つも6つも登録していては使いこなすことも難しいでしょう。ですので、まずはいくつかのサイトに登録してみて、利用しながら相性の合うサイトに絞っていきましょう。最終的に2つ~3つ程度、使い勝手の良いサイトをうまく活用するべきです。

転職サイトの登録・利用は無料ですので、ぜひうまく使いこなし、かしこく転職を成功させてください。